オフィス公平性:インターネットの使用 法的 ツールセクシャルハラスメントの被害者と攻撃的 仕事環境

オフィス公平性:インターネットの使用 法的 ツールセクシャルハラスメントの被害者と攻撃的 仕事環境

happy eros ランキング

Short type: Sexual嫌がらせと差別 企業 危険にさらされている そして配置 スタッフメンバー 企業 を配置 完全性 } 減少 仕事。 いつでも 問題 発展 彼ら 仕事、たくさん スタッフメンバー 考える 無力 保護する 自分自身。 に チャンス、オフィスの適切 専門家が米国 スタッフ 学ぶ 規制と施行 彼ら所有 権利。非営利団体ビジネス 投稿 無料および最新 情報 選択、仕事差別、内部告発と報復、嫌がらせ、また ファセットは存在を機能させます。 それは ほとんど 広範囲 オンライン resource employment legislation 米国について。 あなたがすべきである場合 知りたい アプローチする方法 歓迎されない 親密 改善 職場または何 法律 状態、できる リサーチ仕事に関連するトピックと学ぶ 正確に何 ガイドライン 提供する 防御。 オフィス公平性は重要 質問のように答えます。「できるのか be 処理 異なる方法になります。 |期待する} ?, “だから労働者は 準備ができている 立ち上がる 自分自身のためにそして取得 適切 活動 管理する 違法そして不当な条件 職場。

共有

時々 夢 仕事 なる より速く 簡単に 状態「敵対的な職場環境」よりも。または、スーザンファウラーのケースでは、彼女 同僚よりも速いが状態、「スリーウェイが欲しいですか?」

>

スーザンだった 働いていた エンジニア Uberのためにただのために 数週間 いつ 女性 注目に値する 始めた 作り出す 望まない 進歩 彼女のために。 彼は オープン 接続、男 知らされたスーザンのチャットメール オフィスで、問題をそして探している。スーザンは、スクリーンショットを取ったスクリーンショットのために 受け入れられない 会話そしてそれを時間に報告しました。 課題 解決済み、正しい?

間違っている。彼女はあった 彼女と共有したハラサーあった 考えられた高値-実行者なので、しかし ただ厳しい警告を取得します。 また、ユーバーは彼女に切り替え グループと切り替えを女性 特定的 分野そして警告彼女 その場合彼女は滞在、彼女は 貧しい 全体的なパフォーマンス 女性の嫌がらせ者からレビューを得るしたがって しない 見られる報復。

“いつでも 何か ばかげている 場所を取った、 毎回性差別主義者メール 実際に 送信された、私は 送信(原文のまま)簡単な 責任がある HR するために hold 正確なドキュメント headingに。 ” —スーザンファウラー彼女自身の中で ウェブログ

にもかかわらず 切り替え チーム、スーザンは実際に できない do well at the woman work due to 正確にwhat 表現 労働者。現在 詳細および最新 情報 スタッフメンバー 権利 印刷されている プレーン英語あなたのために。 “

April 23, 2021